古銭買い取り業者徹底比較!古銭の価値を簡単に知る方法!
古銭を高く売るためにも価値を知る!

一円銀貨の価値

Old Coin Ranking 01
一円銀貨の価値と買取価格を知りたいときは?

日本の近代古銭の一種である、一円銀貨は別名「円銀」とも呼ばれています。
1871年(明治4年)に発行が開始され、1914年(大正3年)まで鋳造された貨幣です。
実は一円銀貨が発行された当初は日本国内の貨幣として流通したわけではなく、貿易専用銀貨として発行されました。
1878年(明治11年)から日本で一円銀貨が流通し、当時の日本で流通していた貨幣は金本位体制でしたが、 この時、金が不足していたという時代背景もあり、一円銀貨が流通し金銀本位体制に変わっていったと言われています。
しかし、1898年に貨幣法施工による影響で、一円銀貨と金貨の引き換えが頻繁に行われるようになり1898年に一円銀貨の日本国内の流通は再び禁止された事から、日本国内では一円銀貨は20年間流通されたという事になります。

そして、一円銀貨は大型と小型に区別されると言う特徴があります。
大型は1887年まで発行され、それ以降に発行された一円銀貨は小型に分類されます。
大型と小型は共に、品位は銀900、銅100であり量目(重さ)も26.96グラムと共通ですが、サイズ(直径)に0.5mmの差があります。

Old Coin Ranking 02

一円銀貨の価値についての詳細

では、一円銀貨の価値についてご説明します。
まず、基本的に一円銀貨の価値は時代が古ければ価値が高いです。
つまり、1871年より1914年のほうが価値が安いという事です。

しかし、新しい一円銀貨は高値を期待できないとはいえ、古銭の中では良い価格で取引してくれるので安心して下さい。

一円銀貨は発行された年代が刻印を見れば分かるので、鑑定自体も非常に簡単な古銭でもあります。
このページで各年代の価値についても説明しますが、状態によって買取価格はもちろん変動します。
ですが、そこまでメンテナンスも難しいものではない事から、このページでは説明しませんがきちんとメンテナンスをすれば汚い一円銀貨を少しでも高く取引してもらうことも期待できます。

金貨の価値はこちら

一円銀貨(大型)の価値一覧

品位:銀900、銅100、量目(重さ)26.96グラム、サイズ直径38.6mm

年代 取引価値
明治7年 前期 500.000円~550.000円
明治7年 中期 600.000円~680.000円
明治7年 後期 400.000円~450.000円
明治11年 浅彫 170.000円~200.000円
明治11年 深彫 450.000円~500.000円
明治12年 600.000円~680.000円
明治13年 40.000円~46.000円
明治14年 40.000円~48.000円
明治14年 降四 350.000円~400.000円
明治15年 31.000円~ 35.000円
明治16年 30.000円~40.000円
明治17年 35.000円~43.000円
明治18年 30.000円~35.000円
明治19年 前期 35.000円~40.000円
明治19年 後期 400.000円~470.000円
明治20年 大型 75.000円~82.000円

一円銀貨(小型)の価値一覧

品位:銀900、銅100、量目(重さ)26.96グラム、サイズ直径38.1mm

年代 取引価値
明治20年 小型 40.000円~45.000円
明治21年 20.000円~25.000円
明治22年 20.000円~25.000円
明治23年 20.000円~25.000円
明治24年 20.000円~25.000円
明治25年 前期 50.000円~58.000円
明治25年 後期 20.000円~25.000円
明治26年 20.000円~25.000円
明治27年 20.000円~25.000円
明治28年 20.000円~25.000円
明治29年 20.000円~25.000円
明治30年 20.000円~25.000円
明治34年 20.000円~25.000円
明治35年 20.000円~25.000円
明治36年 20.000円~25.000円
明治37年 20.000円~25.000円
明治38年 20.000円~25.000円
明治39年 20.000円~25.000円
明治41年 40.000円~48.000円
明治45年 15.000円~22.000円
大正3年 15.000円~22.000円

Old Coin Ranking 03

一円銀貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

一円銀貨の正確な価値を知る方法は非常に簡単で、古銭買取業者にメール査定を依頼するだけです
メール査定を依頼するだけで専門家に現在の一円銀貨の買取価格を査定してもらうことが可能です。

一円銀貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、メールで相談するのはとても有効な方法です。

一円銀貨は状態によってかなり価値が左右し、素人には判断が難しいのでメール査定は価値を知る為に最善の手段です。

そして、メール査定をしても、買取は簡単に断れますのでご安心ください。

一円銀貨の取り扱いには注意があります。
汚れた状態で見つかった一円銀貨を少しでも綺麗に見せようと無理に洗ってはいけません。
下手に洗うと逆に傷が酷くなったりしますので、実際に細かく査定をする時に大きく価値が下がる事になるかもしれないので、見つけた状態で画像を送って査定をしてもらいましょう。

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご覧ください。

メールでの査定方法はこちら。