古銭買い取り業者徹底比較!古銭の価値を簡単に知る方法!
古銭を高く売るためにも価値を知る!

ソブリン金貨の買取価格を知りたい

Old Coin Ranking 01
ソブリン金貨

ソブリン金貨

ソブリン金貨とは「旧ソブリン金貨」と「新ソブリン金貨」に分けられ、イギリスから発行されている金貨です。

「旧ソブリン金貨」はイギリスで古い昔に発行されていた金貨で、デザインにソブリンを採用しているものがこれに該当します。
これは1489年から1604年まで発行が続けられていた古金貨で、デザインに王座に座る国王が採用されたためにソブリン(君主)金貨と呼ばれています。

そしてイギリスが1816年に金本位制を採用し、新しい金貨を発行した時にもソブリン金貨が発行され、1917年まで国内流通用の本位貨幣として使用されました。
これが「新ソブリン金貨」で、イギリスの経済力と高い流通性を基盤として信用力を集めたことで、金本位制という仕組みが国際的に広がったきっかけにもなりました。
世界恐慌の影響を受けイギリスの金本位制は1931年9月に停止しますが、それ以降もソブリン金貨は記念硬貨のような扱いとなり、発行が続けられます。

現代でソブリン金貨といえば「新ソブリン金貨」を指す場合が多いです。
ソブリン金貨はイギリスだけでなく植民地の国でも発行が行われ、その金貨には鋳造した国を示すミントマークが刻印されています。

ソブリン金貨の価値ですが、非常に多い種類が存在しているため価値に関しても一概には説明しづらいものになります。
長い間製造が続けられている金貨で残存数も多く、ほとんどのソブリン金貨は地金の価値で買取されるかと思います。
しかしソブリン金貨は1836年までの年号ならば希少性が高く、その中にはプレミア価値がついているものもあります。

1819年、1828年、1841年、1875年、1908年、1917年の年号のものが残存数が少なく希少価値があるソブリン金貨は有名です。
その価値は希少であるほどに高額で、中には50万円前後で取引されるものもありますし、取引事例が極めて少ない珍しい金貨であれば何百万円もの価値を見込むことも出来ます。
ソブリン金貨の価値は年代ごとでも細かく分かれいますので、正確な価値は古銭の買取業者に問い合わせて買取価格を確認する事をおすすめします。

Old Coin Ranking 01
金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

古銭の買取価値の調べ方イメージ

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。