古銭買い取り業者徹底比較!古銭の価値を簡単に知る方法!
古銭を高く売るためにも価値を知る!

東京五輪記念硬貨の価値と買い取り価格

Old Coin Ranking 01
東京五輪記念硬貨の価値と詳細

東京五輪記念硬貨

東京五輪記念硬貨は1964年(昭和39)年に開催された東京オリンピックを記念して発行された記念硬貨で、日本で初めて発行された記念硬貨で100円銀貨と1000円銀貨の2種類です。 国内の記念硬貨収集ブームの火付け役ともいわれています。

1000円銀貨は富士山と桜がデザインされており、日本を象徴する意匠となっています。 発行枚数は1500万1516枚で、デザインの担当は造幣局でした。 各世帯に記念硬貨1枚が行き渡るように発行枚数が設定されましたが、引き換え当日から長蛇の列が出来るほどの人気が高く、割り込みや喧嘩などで警察が出動するほどの大騒ぎとなりました。 品切れになった後も、しばらくはプレミアム価格での販売や転売が相次ぎ世間を賑わせた記念硬貨でもあります。

1964年の8月から10月に製造され、品位は銀が92.5%、そして残りが銅で7.5%となっています。東京五輪記念硬貨1000円銀貨の価値は現在5000円程度、買取価格となると2000円~3000円程度というところです。

100円銀貨は一般公募より選ばれた聖火と五輪が描かれたデザインが採用されました。 応募は合計30512点もありましたが、その中から採用となったのはデザイン経験の全くないデパート勤務の前島昌子さんの作品でした。 100円銀貨は国1人につき1枚を目安とした為に枚数が多く、8000万8056枚が発行されました。

100円銀貨は1964年7月から12月に製造され、品位は1000円銀貨よりも銀の含有率が下がり、銀60.0%、銅30.0%、亜鉛が10.0%となっています。東京五輪記念硬貨の100円銀貨の価値はおおよそ1000円ほど、買取価格となると200~500円位になります。状態によって買取価格が大幅に変わりますので、もし買取予定であれば綺麗な状態を保つことを心がけましょう。

東京五輪記念硬貨発行の収益は、主に大会運営費にあてられました。 このオリンピック記念硬貨が大成功を収めて以来、オリンピックが開催されるごとに記念硬貨が発行され、現在でもその収益は同じように運営費へとあてられています。

Old Coin Ranking 01
記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

古銭の買取価値の調べ方イメージ

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。