古銭買い取り業者徹底比較!古銭の価値を簡単に知る方法!
古銭を高く売るためにも価値を知る!

裁判所制度100周年記念硬貨の価値と買い取り価格

Old Coin Ranking 01
裁判所制度100周年記念硬貨の価値と詳細

裁判所制度100周年記念硬貨

裁判所制度が発足してから100年を迎えた記念に発行された裁判所制度100周年記念硬貨は、額面は5000円の銀貨となっています。 平成2年に発行され、表面には大法廷のデザイン、そして裏面には職員マークと「大はんごん草」がデザインされています。 大はんごん草の花言葉は「正義・平等」という意味を持つことから、裁判所制度100周年記念硬貨のデザインに使用されている他、アメリカでは裁判官のバッジにも使われている草花です。

素材は銀の合金が採用されており、比率は銀が925に対して銅が75となっています。 直径は30mm・量目は15gで、平成2年に500万枚が発行されました。

「裁判所制度記念5千円銀貨」の価値は完全未使用の状態の良いもので大体12000円前後であり、買取価格にするとおよそ8000円前後が相場となります。
使用品や並品となると、状態により6000円前後の買取価格になりますが、それでも額面~額面以上の価格で取引してもらえる記念硬貨のひとつです。 銀行で両替となると額面通りの5000円になってしまいますので、裁判所制度100周年記念硬貨を少しでも高く売りたい場合は古銭商や記念硬貨買取店にて査定してもらうことがおすすめです。
裁判所制度100周年記念硬貨は単品だけでなく記念貨貨幣セットも販売されており、こちらの価値も額面より高くなります。

日本の裁判の歴史は、1880年に制定された治罪法、その後1890年に定められた刑事訴訟法など時代の流れによって進化し、現代の形式を取るようになりました。現在も現代犯罪などによって頻繁な改正が行われるなど、正しい平等のために進歩と発展が続いています。

Old Coin Ranking 01
記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

古銭の買取価値の調べ方イメージ

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。